スーパーヒーロータイムを中心にドラマや映画の感想をのんびり更新中。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 - -
海賊戦隊ゴーカイジャー 第45話 「慌てん坊忍者」
JUGEMテーマ:海賊戦隊ゴーカイジャー

1月8日放送分です。
感想書くの遅すぎてすみません(´・ω・`)

タイムレンジャー回で出てきた神社から
ニンジャマンを見つけたマーベラスたち。
そのニンジャマンにレジェンド大戦から今までの経緯を話す=総集編でした。
いやぁ、思ってた以上に総集編でした(´・ω・`)
もう終わりが見えてきていやだあああ。+゚(゚⊃ω⊂゚)゚+。

ニンジャマンから、いつものようにふてぶてしい態度で
大いなる力をもらおうとするマーベラス・ジョー・ルカと
それをいさめるハカセ・アイム・鎧。
マーベラスが怒ってハカセの胸倉つかもうとしてたw

好感度アップのために
ハカセと鎧は料理、ルカは着物姿でおもてなし、
ジョーは食後の茶菓子、マーベラスは…
「いつもより派手にまわしております〜」ってw
鎧ってば何でソレをマーベラスに教えたのw

でもマーベラスがナビィを回しすぎちゃって
目を回したナビィは料理のある机に激突。
茶菓子をダメにされたジョーはナビィに怒ってたけど
原因はマーベラスだよね…w
そんでジョーのいじけ姿が…w
ちょっと今回はキャラが崩れてた気がするなー。

ま、そんな感じでもてなして
宇宙最大のお宝のために大いなる力が欲しいと
ニンジャマンに伝えるも「断る!」と、断られてしまいました。
みんな好感度上げるのに頑張ったのに…。

どうでもいいことだけど、
よくネット上で「好感度」が「高感度」ってなってたり
「意外」が「以外」ってなってたりするの見かけるけど
あれは本当に間違えてるのか、
わかってるけど気にせず使ってるのか…。

ニンジャマンは慌てん坊の性格のせいで、
たくさんの人間に迷惑をかけてきたから
もう簡単に人を信じない…
ってどう考えたらそこにいきつくんだろう?w

これからじっくり観察して信じられる奴か自分の目で確かめると、
ゴーカイガレオンに居座ることになり、
マーベラスとルカはハカセに八つ当たりw

最後にカクレンジャーの1人が登場。出番これだけ?ちょっと寂しい。
10:55 11/02/13〜海賊戦隊ゴーカイジャー comments(0)
海賊戦隊ゴーカイジャー 第44話 「素敵な聖夜」
JUGEMテーマ:海賊戦隊ゴーカイジャー

12月25日放送分です。
完全に時期はずれになっちゃってます(´・ω・`)


今回はすっごくクリスマス!って話で良かったですねー。

そういえばゴーカイチェンジって一般人もできたんだよね。

鎧のクリスマスカラーの変身は、
ジョーの言うとおりも、もう何でもアリすぎてw

で、今回の敵も良い意味ではっちゃけてて…オカマw

最後、ルカの考えでのホワイトクリスマスは粋ですね!

海賊たちのクリスマスパーティにまざりたいなぁ(*´Д`*)
ジョーのケーキ食べたい!


感想めっちゃ短いですが、このへんで!
15:26 11/02/13〜海賊戦隊ゴーカイジャー comments(0)
海賊戦隊ゴーカイジャー 第43話 「伝説の勇者に」
JUGEMテーマ:海賊戦隊ゴーカイジャー

すっごくお久しぶりです(´・ω・`;)

元日にGロッソ行ったり、
15日におざりょDVD発売イベントに行ったり、
21日にVSギャバンの舞台挨拶(大泉8:20回と錦糸町)を
見に行ってたりしてました。


さて、12月18日放送分です。

ハカセが勇者って話、全部ウソでしたね〜。
ちょっとしたイタズラのわりに手の込んでるなぁ・・・さすが(?)ハカセ。

敵の旗艦に連れて行かれたマーベラスは、皇帝と初の対面。
皇帝の一言によってマーベラスは地球で処刑されることになったけど、
お約束ながらも捕まえたそのときに殺しておけば良かったのにね、って思う。
皇帝の前でも全く怯まないマーベラスはさすが。

ガレオンで一人きり(+ナビィ)となってしまったハカセは、
処刑されそうになるマーベラスを助けに行きたいけれど、
一人じゃ無理だと決め付けて行動できないでいた。
そこにナビィのビンタ一発!!!
ハカセはゴーカイジャーに入ったころを思い出します。

マーベラス
「心配すんな。
できないことはしなくていい。
できることだけやってくれ。」


初めて戦ったときも・・・。

ルカ
「海賊はね。
できることをできるやつが全力でやって
補い合えばいいの。」


マーベラスとルカの言葉で
自分なりに頑張って戦ってきたハカセ。

ハカセ
「やったぁ、倒せたぁ!こんなのもあり?」


ルカ
「ありあり!やればできんじゃん!」


マーベラス
「いいぞ、ハカセ!」


ジョー
「二丁拳銃、やるじゃないか。」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ハカセ
「僕、すっごく嬉しくなっちゃってさぁ。
最初は無理やりだったけど、
自分も海賊なんだなあって思えてきて
この船でみんなとずっっっと一緒に旅を続けて行きたいって思ったんだ。」


ナビィ「ハカセ・・・。」

ハカセ
「でも、僕一人じゃ何もできそうにないや。」


けど再びマーベラスとルカの言葉を思い出したハカセは・・・。

ハカセ
「僕、やるよ!
みんなについちゃったウソ、真実に変えてみせる!
この僕たちの旅を絶対に終わらせない!」


一方、地球に下りて磔にされたマーベラスの前に
サンバルカンとファイブマンの大いなる力を奪い取ったバスコが。

「一応、むか〜しからの友達だからさぁ
最期ぐらい見届けてやろうかと思ってねぇ。」

「マベちゃんが死んだら残り(の大いなる力)も
ぜ〜んぶ部俺のモン。楽しみだなぁ、今から。」

く〜、バスコの奴、相変わらずむかつくっ!><

そして、とうとう処刑されそうになるマーベラスを助けに
ハカセが渋い曲背負って登場!渋すぎて合ってないw
マーベラスと色違いのコートは
ハカセが前々からつくってあったのかなw

ハカセがダマラスの注意をひいて
マーベラスを縛ってる鎖をナビィ壊すという連携プレイ。
無事マーベラスを助け出すことができたものの
ダマラスに真正面から二人で向かって戦えるの?
と、おもった矢先…

ジョーたちがきたああああああああ゚+.(・∀・).+゚
やっぱり生きてたんだね!!!
サリーがあの爆発から助けていたけど
ジョーたちもケガを負っていて
すぐには動けなかったようですね。

最強の男と言われながらもツメが甘いがために
弱いと言われるハカセに一杯食わされて
バスコに裏切られて背後から刺されてしまうという…
哀れなダマラス…

今回名乗りシーンの爆発がすごいことになってましたね。
今回最終回じゃないよね?w

そしてオールグリーンは目に優しいw

マーベラスの二刀使いは初めてかな。
ハカセとのコンビで戦うのは新鮮。

レッドチャージ、グリーンチャージの
ライジングストライク×2でダマラスを撃破!

巨大戦でもダマラスが哀れで…。
大いなる力の大盤振る舞いでたたみかけるようにやられて
カンゼンゴーカイオーにポカポカしてるとことかもう…。
敵とはいえ…なんとも残念な最期でした。。。
14:20 11/02/13〜海賊戦隊ゴーカイジャー comments(0)
2011年秋ドラマ まとめ

最後まで見た今期のドラマの簡単な感想です。

ランナウェイは途中から見たんだったっけかな…
やばい、記憶がない(゚Д゚;)


家政婦のミタ

 最終話の視聴率すごかったですね〜。
 いろんな意味ですごいドラマでした。
 でも最後まであの家族はよくわかんなかった。
 いいお話だったのかもしれないけど、
 あの家族自身がいろいろとおかしく見えたので
 素直に良かった!とは言えない感じです。


ランナウェイ〜愛する君のために

 途中リタイアしていいかなーと思いつつも
 なんだかんだ見てしまったドラマでした。
 フィリップもアラタも出てたしねー。
 真犯人が千葉くんとは驚き。
 彼の髪型、オールバックが気になった仕方がなかった…
 何度前髪おろして!と思ったことか。。。


専業主婦探偵〜私はシャドウ

 このドラマが今期一番好きでした。
 ただの主婦だった子(子っていいたくなる)が
 探偵として働くうちに変わっていく…。
 フミくんを想う真っ直ぐな気持ちと
 自分を変えたい!と思う頑張ってる姿が
 見ていて気持ちが良かった!


妖怪人間ベム

 最初は実写化って…って思いましたが
 丁寧につくられてて思ってた以上に面白かったです。
 最後にベム、ベラ、べろが妖怪の姿になって
 人間たちを銃撃から守るシーンは泣きました…。


怪盗ロワイヤル

 え〜と、どうやら最終回の録画失敗してたっぽいです?
 でも見逃しても別にいっか、と思えるぐらいでした…。
 殿と流ノ介が共演は嬉しいけど、内容はあんまりでした。。。

15:55 ドラマ comments(0)
海賊戦隊ゴーカイジャー 第42話「宇宙最強の男」
JUGEMテーマ:海賊戦隊ゴーカイジャー


「間違いないですよ!
ドンさんは伝説の勇者!ドン・ドッゴイヤーだったんです!」


マーベラスジョー「本当かぁ?」

私もマーベラスとジョーに賛成!

アイムが読んでいた雑誌に載ってる勇者の記事、
記憶喪失も、勇者の証らしいハカセの腕のアザ、
どこからどこまでかはわからないけど
どれかは絶対ハカセがつくったウソに違いないw
特にマーベラスがアザのこと前からあったか?とか言ってたから
そこは確実にウソっぽい!ウソじゃなかったらゴメン、ハカセw

マーベラス、ジョー、ルカは、
ハカセが勇者とか全っ然信じてないですよね。
おいしい料理食べたら記憶を思い出すとか、
ただ自分が食べたいだけでしょ、ハカセ!w

ハカセはガレオンの修理と家事ができることを
マーベラスにかわれて半ば強制に仲間に入れられたんですね。
ハカセってあだ名つけたのマーベラスだったのか。

ガレオンの中がゴミだらけになってるのには笑いましたw
赤き海賊団時代の時、きれいだったのは
アカレッドとバスコがちゃんとしてたからでしょうね。
マーベラスはあのとき掃除してたけど
アカレッドに言われたから素直にやってただけな感じがw

ダマラス=宇宙最強の軍師。
殿下をうまく扱いきれてなかったから
頭はあまり良さそうにみえない。。。
軍師って言われてもイマイチピンとこないです。
将軍とかで良かったんじゃ?

ダマラス+バスコ(+サリー)に圧倒され
追い詰められるゴーカイジャー。
多分次回でダマラスは退場なんでしょうけど
こんなに戦力差があってどうやって倒すんでしょうか…。

バスコの攻撃でジョー・ルカ・アイム・鎧の4人が
爆炎の中に消えてたけど、
あれってバスコが逃がしたようですね。
途中からサリーがいなくなってるから
4人ともサリーが連れて行ったのかな。
バスコがゴーカイジャーを倒さない理由は
大いなる力を手に入れるために
まだ死んでもらったら困るからってところでしょうか。。
ザンギャックは大いなる力のことはどうでも良さそうですしね。

ハカセって臆病だけど、それでもちゃんと戦って
みんなと一緒に敵を倒してきてるんですよね。
今回だって足が震わせながらマーベラスを庇おうと前に出るし。
それなのにダマラスにどうでもいい。と言われる始末。。。
そんなハカセが、次回ダマラスに
一撃とかくらわせたりしたら超燃えるんですが…!!!

ジョー・ルカ・アイム・鎧が行方不明になって
マーベラスもさらわれて、ハカセ一人…。
どうやってハカセが奮起してマーベラスを助けるのか…。
予告のハカセの回想にっぽいマーベラスとハカセの会話がヒントかな。
00:34 11/02/13〜海賊戦隊ゴーカイジャー comments(0)
海賊戦隊ゴーカイジャー 第41話 「なくしたくないもの」
JUGEMテーマ:海賊戦隊ゴーカイジャー

12月4日放送分です。

冒頭のキャッチボールのくだりは微笑ましかったですが、
本編はそれとは正反対にアイムの過去と
ゴーカイジャーの絆がさらに深まるシリアスなお話でした。

最初の頃、全員の過去話と仲間になる経緯を知りたがってましたが、
本当は尺の関係で全員はやらないだろうと思ってたんですよね。
でも今回はアイム、次回はハカセだそうで…嬉しい限りです。

ザンギャックに滅ぼされた星の
王女であるアイムが海賊になったのは、
ザンギャックから他の星に逃げた人々が
ファミーユ星の誇りを持ち続けられるよう
自分が象徴として生き続けるためだった。
海賊として手配書に載れば、自分が生きていて
ザンギャックと戦っていることがわかるから…。

私、てっきりアイムの星がザンギャックに襲われてる最中に
マーベラス達が助けたんだと思ってました。。。

ジョー、アイム、鎧が買出しに出掛けた時に
アイムの星を滅ぼしたザツリグが現れ、
冷静を失っていきなり襲い掛かるアイム。
圧倒的な強さに押されるも
一旦ザツリグが引いてくれたおかげで
何とかガレオンに戻ってこれた3人。

けれど、一人でガレオンを去っていこうとするアイムが…。
仲間第一のマーベラスたちがそれを見逃すはずのないよね。

マーベラス
「星空の向こうにお前を支えにしてる奴らがたくさんいるんだろ。
そいつらのために一人で死にに行くわけにはいかねぇだろ。」


アイム
「でも!」


マーベラス
「アイム、顔を上げて前を見ろ。俺たちがいるだろ。」


アイム
「みなさん!私に力を貸してください。ザツリグを倒すために。」


マーベラス
「その言葉を待ってたぜ。」


ジョー
「ああ、皇帝親衛隊なんて知ったことか。」



「あんな奴、大したことありません!」


ハカセ
「僕に任せといて。」


ルカ
「(ハカセをどついて)あんたが言う?」


アイムの涙ながらの助けを求める言葉に
頼もしい言葉でもって応えるマーベラスたち。
マーベラスってアイムには無条件で優しいなぁ。w

仲間になったころは何もできなかったアイム。
銃も剣も家事もできず、話のテンポもズレてた。
だけど今では銃も剣も扱えてみんなと一緒に戦っている。
努力してここまで強くなったんですね。
それを鎧以外4人はちゃんと見てきたんだ。

そしてアイムの良いところは他にも。
マーベラスとジョーがケンカすると
2人に似て血の気の多いルカじゃ抑える役にならず
ハカセはアタフタするだけ。
でもアイムがきてからは「いい感じになった。」(マーベラス談)、と。
確かにあんなのんびりした女の子が笑顔で近くにいたら
争いごともできなくなっちゃうのわかりますw

だからこそマーベラスたちがなくしたくないもの
=「アイムの笑顔」を守るために
ザツリグに向かっていく5人の姿はカッコ良かった!
それにアイム+他の5人の連続ゴーカイチェンジは
テンションあがりました!!特にWシンケンレッドが!
オリジナルでは2人並ぶことなかったもんなぁ。

でもこの話、アイムの敵討ちの話だけじゃなくて
地球人を守ることも絡めて前後編とかで
もっと丁寧にやってほしかったかも。
地球人に自分の星の人間と同じような境遇にさせない、とかで。

さて!次はハカセのお話で前後編のようですね。
ハカセの身の上話は全く語られてこなかったので楽しみです。
そしてゴーカイジャーとダマラスの初対戦ですね!
00:30 11/02/13〜海賊戦隊ゴーカイジャー comments(0)
海賊戦隊ゴーカイジャー 第38話 「夢を掴む力」
JUGEMテーマ:海賊戦隊ゴーカイジャー

抜かしてた第38話の感想です。
後回しにしてたくせに大したこと書いてませんw

11月13日放送分です。

バラバラになってしまった6人の内、
合流したルカ・ハカセ・アイム・鎧の4人。


「あれがマーベラスさんにとっての守るって
意味だったんでしょうか…。

俺はマーベラス一人に背負って欲しくなかったです。
仲間なら!俺達を守るんじゃなくて
最後まで一緒に戦いたかったです…!」


マーベラスの行動に納得できない鎧。


ジョーvsバリゾーグの最終決戦!

バリゾーグにおされ気味のジョー。

ジョー
「俺は絶対に勝つ!
借りをつくったまま死ねないからな。
待っていろマーベラス!」


マーベラスという仲間の存在がジョーを強くしたんですね。
もちろんシドの魂を救いたいという思いも心にあったんでしょうけど、
ゴーカイジャーたちの絆は本当に強いんだなぁと…。

ジョーの変身が解除されて
バリゾーグの攻撃を弾くところからの攻撃、
BGMも相まってめちゃくちゃ燃えました!!!
ジョーの声もまた良いんですよね。
最初の頃に比べたらジョーもうまくなったなぁ。

一人ガレオンに残ったマーベラスが
目を開けた先にはアカレッドが…
二人がいるのは真っ白な光の中。

キャプテンとしてアカレッドの行動をなぞって
仲間を守ったマーベラスとそのマーベラスを諭すアカレッド。
アカレッドとマーベラスって父子みたいですね。

マーベラス
「俺は…死んだのか?…みんなは!?」


アカレッド
「大丈夫だ。5人とも生きている。」

マーベラス
「そうか…良かった。」


アカレッド
「本当にそう思うか?」

マーベラス
「どういう意味だ。
俺はあの時のあんたみたいにあいつらを守ったんだ。」


アカレッド
「お前は私ではないし、
ゴーカイジャーは赤き海賊団ではないだろう。
お前が選んだ仲間たちは、
本当にお前に守って欲しかったのか。
お前が本当に守るべきものは、夢を掴むために集まった
かけがえのない仲間との絆じゃないのか。」

マーベラス
「俺とあいつらの…絆!」


アカレッド
「マーベラス、それが海賊ってものじゃなかったのか。」

マーベラス
「そうだな。それが海賊ってもんだ。」



一方、ジョーとシドは闇の中。

ジョー
「シド先輩、俺…あなたの魂だけでも救えましたか。」


シド
「(無言でうなずく)強くなったなジョー。
でも、その強さはお前一人のものじゃない。
お前と仲間のものだ。」

ジョー
「俺と、仲間の。」


シド
「良い仲間を見つけたな。
その手で掴め!お前達みんなの夢を!

行け!ジョー!」

シドが指した光の先。
そこにはマーベラスたち仲間がいる…。

マーベラスとジョー。
それぞれ師とも言える大切な人に
仲間との絆を再認識させられた2人。

こんな燃えて泣ける後になんなんですが、
今回1番萌えた(笑)のは
ナビィの「オイラをおいて死んだら承知しないからなー。」でしたw
ナビィ、かわいすぎるでしょ(´∀`*)

6人揃ったゴーカイジャー。
ゴーカイジャーのメインテーマ(?)とともに登場する
マーベラスがかっこいい。

マーベラス
「鎧、俺が間違ってたみたいだ。
お前らやお前らの夢は俺に守られるほどヤワじゃないもんな。」


ジョーあたりに一発殴ってもらいたかったから
マーベラスから謝ったのはちょっとだけ残念w
ちゃんと謝るあたりマーベラスは素直なとこあるんですよね。

爆発の中でのゴーカイチェンジと戦いながらの名乗りとOP。
もうこれ最終回でしょ!ってぐらい大盛り上がりw

バリゾーグの死を哀しみ、弔いのために出撃した殿下。
でもゴーカイジャーの大いなる力「夢を掴む力」が発動し、
カンゼンゴーゴーカイオーが完成!
カンゼンゴーカイオーの前では全く敵わず…殿下がお亡くなりに…。
悪役とはいえ愛すべき殿下だったから、
こうもはっきり死んだ描写が入るとしんどいですね。。。
ゴーカイジャーが勝ったのに素直に喜ぶことができないつらさ…。

しかもグレートワルズの攻撃をまともに受けた
ガレオンに残ったマーベラスよりジョーの方が重傷っぽいのが…。
ゴーカイジャーに買ったと喜んでた殿下の立場が。。。

最後にガレオンでマーベラスをからかう
ナビィ・ジョー・ルカには和んだけどもw

でもてっきり「地球を守る」ってことに結論が出るかと思ってたんですが
蓋を開けたら「仲間を守る」ってことに結論が出ましたね。
最後近くではザンギャックの皇帝の前で地球を守る!とか言ってくれたら燃える!
00:27 11/02/13〜海賊戦隊ゴーカイジャー comments(0)
海賊戦隊ゴーカイジャー 第40話 「未来は過去に」
JUGEMテーマ:海賊戦隊ゴーカイジャー

Gロッソのお正月公演、
元日の3公演取れたのでいってきます゚+.(・∀・).+゚
まさか元日に東京行くほどハマるとは
初回を見たころには思いもよらなかったです…。

さて、11月27日放送分!
もう40話か…。終わるのヤダな。。。

今回はタイムレンジャー回。
レジェンド大戦前にあったゴセイジャーvsシンケンジャーで
何故地球に来る前だったはずのゴーカイジャーが現れたか…
まさかその謎がしっかり明かされるとは思いもよりませんでした。
ちゃんとした作りしてますねー。

元タタイムレンジャーのタイムイエロー・ドモンからの
ビデオレターを受け取ったマーベラスたち。
内容は、2010年10月2日に行って寝隠神社を守れ、というもの。
34の大いなる力をそろえるためのチャンスを得るため
過去にタイムスリップしたマーベラスたちはそこである少年と出会う。
ここで、ああそっか、この子が…、と思いました。
タイムレンジャー見たことないですけど、内容は少し知ってたので。

少年・森山未来くんは、
フリーの記者である母親の仕事の都合で
引越しばかりで友達ができないでいた。
どうやらそれが嫌で家出した様子。

鎧「それってお母さんのせいなのかな。」

ここで鎧の過去が少しだけわかります。
両親の都合で鎧も未来くんと同じように引越しばかり。
でも友達はいっぱいできた。いろんな町に。

「新しい町に行くたびに、頑張って話しかけるんだ。
『うざい』とか、『しつこい』とか言われたって、
いろんな子にいっっぱい!
確かに、自分じゃあどうしようもできないこともある。
それでも自分にできることをさがして、やってみれば…
自分の明日ぐらい変えられる。
俺はそう思ってるけどね。」


ここの鎧の言葉にグッときた…。
自分の明日ぐらい変えられるって
タイムレンジャーであった言葉なんですね。
こうやってこれまでの作品のテーマが
それぞれ話に盛り込まれてるって
改めてすごいなぁって思います。

鎧、真っ直ぐで前向き…この話でさらに好感度UP!

鎧が少年と話してる間、マーベラスたち5人は
ゴセイジャー、シンケンジャーが戦っている場へ。
最初でも書きましたけど、まさかあのときの裏側が見れるとは…w

シタリとナナシ、久しぶりに見るw

ルカ
「ね、あいつら倒しちゃえば
ゴセイジャーとシンケンジャーに借りが返せるんじゃない?」


マーベラス「借り?」

アイム「大いなる力を頂きました。」

マーベラス「ああ。」

借りに全く心当たりないマーベラスww

ハカセ
「でも〜過去の世界でそこまでやっちゃっていいのかなぁ。」


ジョー
「どうせ倒される運命だ。誰が倒したって同じだろ。」


アイム
「見られなければ問題ありません。」


いやいやいや、そうゆう問題?w
アイムって意外と細かいところ気にしないですねw

シタリを倒したマーベラスたちは鎧と合流。

タイムレンジャーのOP、
ちょっと合わないような気もしたけどw
曲自体は好きです!

そういえば、過去にいるからゴーカイガレオンは呼べないんですね。
今回のロボ戦は鎧だけ。
マーベラスたちがかなりくつろいで戦い終わるの待ってたのがおかしかったw

神社を狙った敵はゴセイジャーの敵なのかな?
ゴセイジャー最初の方しか見てないんですよね。
最初の方にでてきた敵だったしたら私の記憶力って…。。。

で、結局マーベラス達は
大いなる力を手に入れることができなかったんですが
あの神社のつぼ、めちゃくちゃ怪しいですね。
どうやらカクレンジャーがらみらしいですが…。
それにしてもマーベラスのドスの聞いた声がすごかったw

神社を無事守れた証として
未来くんとそのお母さんと一緒に撮った写真を
未来のドモンへ送った鎧。
その写真に写る母子を見たドモンの涙…。
30世紀にいるドモンと過去にいる母子は、
実際に会うことは叶わないのかなぁ…。
17:43 11/02/13〜海賊戦隊ゴーカイジャー comments(0)
海賊戦隊ゴーカイジャー 第39話 「どうして? 俺たち高校生」
JUGEMテーマ:海賊戦隊ゴーカイジャー

11月20日放送分です。
38話の感想まだですが、
先に39話の感想あげときます。

マーベラスの賞金額が、
「UNLIMITED DEWARD」
(=アイム訳:いくらでもやるから首をとってこい)に!!
あんなおバカでも殿下だったからか、すごいことに。
マーベラスを見るルカの目が若干怖いw
「好きなだけもらえるのか〜」冗談だけど冗談に聞こえないw

今回のナビィのお宝ナビゲートは、
「諸星学園高校で僕と握手!」
諸星学園高校はメガレンジャーが通っていた学校。
学校へ行くことになって嬉しそうなアイムがかわいい(´∀`*)
前にルカが学校行ったことないって言ってたけど、
マーベラスも行ったことないんですね、まぁ、そんな感じしてたけど。

元メガレッドの伊達健太先生から
メガレンジャーの大いなる力を手に入れるために
6人は諸星学園の生徒になることに。

と、いうことで制服姿の6人!
マーベラス、かんっぜんに不良!w
ジョーは何故に眼鏡!あんま似合ってない。
ハカセは頭いいのに髪の毛金髪でチグハグな感じ。
鎧は靴下がちょっとおかしいwでも普通の高校生ですね。
ルカとアイムはかわいい(´∀`*)

マーベラス&鎧はバスケ部員の夢、
ルカ&ハカセはデジ研の2人の将来の夢、
ジョー&アイムは先輩後輩の恋愛模様を見かけて
学校にはそこに通う高校生達の夢がたくさん詰まってることを知る。

そこにバスコ登場!ひさびさですね。
バスコは、学校に仕掛けた爆弾を解除するかわりに
健太先生からメガレンジャーの大いなる力を奪おうとする。

マーベラス
「渡すことはねぇよ、伊達健太先生。
あんた、俺達に見せたかったんだろ。
学校ってのはいい所だってのを。
確かにな、生徒達の夢がつまったところだ。
ここは俺達が必ず守ってやる!


マーベラスの口から「守ってやる」っていう言葉が出てくるなんて…!
やっばい、感動した…!!!
前回の、「守る」って簡単にいえないって話から
マーベラスの心情がちゃんと変化してるがみえるのって良いですね〜。

爆弾は、健太先生の後輩の助けで探し出し、
タイムレンジャーの圧縮冷凍で時間を止めることができた!

マーベラス「スーパー戦隊の力、舐めんな。」
前だったら考えられないようなセリフ!
スーパー戦隊の力を先輩たちの力として借りてるって自覚して
マーベラスなりの敬意が感じられますね。

それにしても爆弾の隠し場所が
何でそんなとこにってのばっかりw
人体模型の心臓の奥とか、お弁当の中とかw
お弁当はサリーかバスコが爆弾を置くスペース空けるために
中身をちょっと食べたのかな?

メガレンジャーのOP、いいですね♪
戦ってる時の曲としてすごく合ってる!

不覚にもメガブルーに変身したジョーがだした
バスコのバーチャル映像にときめいt(´∀`;)

バスコはやっぱり強くて
サリーのピンチで撤退してくれたって感じ。
バスコ、サリーをただの駒扱いだと思ってたけど
それなりに仲間として思ってるのかなぁ…。

卒業証書として大いなる力をもらったゴーカイジャーたち。
もらった後、さっさと帰ってくマーベラスたちと
健太先生に必死に引き止められる鎧がおかしかったw
16:32 11/02/13〜海賊戦隊ゴーカイジャー comments(0)
海賊戦隊ゴーカイジャー 第37話 「最強の決戦機」
JUGEMテーマ:海賊戦隊ゴーカイジャー

11月6日放送分です。
次の放送までに感想追いつきたいけど
…多分無理かな(´・ω・`;)

皇帝から息子のワルズ・ギルへ送られてきたグレート・ワルズ。
これ見る限り皇帝から息子への愛情はあるようですね。
12話の「親父にもぶたれたことないのにっ(違」から
愛情があるのか、むしろ殴る価値なし!なのか
どっちか判断つかなかったので。

ダマラスは不器用な軍人、殿下の機微に気づかず言葉を選ばない。
何か企んでそうに見えたけど、そんな器用な感じではないようですね。

殿下…自分がバカ息子って言われてることを気にしてたんだ。。。
心を許せる相手が改造されているバリゾーグしかいないって哀しいなぁ。


一方、ガレオンでは…。

マーベラスにとっての「守る」とは?
鎧に問われてマーベラスが思い出すのは
アカレッドが自分を守って死んでしまったこと…
(いや、本当に死んだかどうか疑わしいんですが。。。

ジョーは、そんなマーベラスの思いを知って鎧をフォロー。
ほんと、ジョーは気遣いのできる男ですなw
だからイマイチ何考えてるかわかりづらいマーベラスの
理解者をやっていけてるんだろうなぁ。

ジョー
「ザンギャックに連戦連勝していた赤き海賊団も、
アカレッドも、最終的にはザンギャックに負けたんだ。
ルカや、ハカセや、アイムの星も同じだ。
今までザンギャックと戦って、勝った奴は誰もいない。
だから、ザンギャックから地球を守るっていうのは
宇宙最大のお宝を見つけるのと同じぐらい、難しいかもしれない。」



「それでも!だとしても!俺は守ってみせます!絶対に!」


ジョー
「お前らしいな。」


殿下の命でゴーカイジャーを探し出し、
ガレオンに奇襲を仕掛けるバリゾーグ。

ジョーvsバリゾーグ!

廃工場に転がり込んだゴーカイブルーが
ビタ!と立ってバリゾーグを待ち構える姿がかっこいい…!
ものすごいアクション!!!
もうかっこいいしか言葉が出てこないw

ジョー
「シド先輩、俺はあなたの記憶を取り戻そうと考えていた。
だがそれが不可能ならば!
俺はあなたに語る言葉はもたない。
この刃こそが…俺の!言葉だ!」


バリゾーグ
「剣などで誰と語らうつもりだ。
生憎私の刃に言葉など、ない。
あるのはワルズ・ギル様への忠義のみ。」

二人の一騎打ちの途中でやってきたワルズ・ギルは、
グレート・ワルズを使いゴーカイジャーを圧倒…。

いつもは諦めの悪いマーベラスが
あそこで諦めてしまったのは
冒頭で鎧と話した「守る」ということから
過去のアカレッドの行動を思い出して
意識してしまったせいでしょうか。

マーベラスってアカレッドのこと尊敬してて
すごい影響受けてそうだもんなぁ。
アカレッドはマーベラスがたった一人で夢も何もなくただ生きていた頃に
宇宙最大のお宝という夢と仲間を与えてくれた存在ですもんね。
で、今は自分が船長になって仲間を持つようになって
今度は自分が仲間を守らなきゃいけない、と。。。

他の5人を脱出させ、一人残ったマーベラス。
ジョーたちの叫びが…(´;ω;`)

次回は盛りだくさんでいかにも最終回!って感じですよねー。
あぁ、終わりが近づいている。。。

それにしてもズバーンにゴーカイチェンジしたルカの
「ズンズン」はかわいかったなぁ(´∀`*)
21:35 11/02/13〜海賊戦隊ゴーカイジャー comments(0)
<< 2/33PAGES >>