スーパーヒーロータイムを中心にドラマや映画の感想をのんびり更新中。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 - -
動物戦隊ジュウオウジャー 第20話 「世界の王者」

みっちゃんめんどくさああああい!!!(笑)

 

洗脳されてたザワールドの時はあんなにかっこ良かったのに!

追加戦士がこんな性格のキャラとは思いもよりませんでした。

ずっとこのめんどくさい性格だと見るのもめんどくさくなるので

少しは良くなって欲しいけど、次回はあんまり変わらなさそうですね。。。

 

3人のジューマンがジニスに無理矢理ジューマンパワーを奪われて

みっちゃんも被害者とはいえその力を宿す境遇の重さから、

こんな性格にすることでコミカルに見せるって考えれば納得。

 

セラたちジューマン4人が困惑する中、操を一人追いかける面倒見がいい大和。

「俺が買い過ぎたの。食べるの手伝ってよ。」

ってお腹をすかせている操におにぎりを渡す。なんでできた人なの…

でも20話冒頭で服をなかなか受け取らない操にしびれをきらして服を押し付けたり、

落ち込む操の顔ぺちんってしたり、ただ優しいだけの人じゃない大和(笑)

 

大和と操は同じ人間で、ジューマンからジューマンパワーをもらった者同士。

けれど鳥男とラリー自身の意思でジューマンパワーをもらった大和と違い、

無理矢理与えられたもの。立場が違う。

 

ジューマン4人を捕まえたクバルからザワールドを要求する連絡が。

「俺のせいだ。」

「違うよ!」

「俺を連れていけ!俺なんかどうなったっていい!」

「よくない!!君がどうなってもいいなんて俺は思えない!」

「なぜだ?」

「だって…君と俺はもうつながったんだから。」

「大丈夫。みんなは俺が助ける。だから君は逃げて。」

 

静かに本能覚醒して変身する大和かっこいい。

でもアザルドとクバルの二人の相手に一人で戦うのはさすがにきつい。

そんなシリアスな展開なのに、操のジューマン3人の妄想がとってもコミカル(笑)

 

「犀の意見を採用した」

 

まさかのダジャレ!(笑)

 

吹っ切れて戦ったのに、

また落ち込む操→大和に励まされて立ち直る
13:57 16/02/14〜動物戦隊ジュウオウジャー comments(0)
動物戦隊ジュウオウジャー 第19話 「信じるのは誰」

1話から(途中、録画失敗を何回もして見逃している回もありますが)見てますが、

19話目にして見事に転げ落ちましたね。かなりハマりました。

ブルーレイ集めたい。素顔の戦士見に行きたい。FLT行きたい。

と、先々のことまで考えてます。

 

大和先生、かなり好きなキャラ!です。

これまで好きになったキャラである殿、マーベラス、キングを思い浮かべると、

どうやら私は他メンバーと違う立ち位置のタイプの赤に弱いのかも?

 

さて前回の続きから。

大和はザワールドと一人で対決。

強力なザワールドの攻撃に倒れ、とどめをさされそうになる寸前、

突如苦しみだしたザワールドは、変身解除して人間の青年に。

その時の彼の「すごくつらそうで、泣きそうな」表情を見た大和は、

もしかしてザワールドは望んで戦っているわけではないのでは?と考える。

 

「大和、大丈夫か!?」て走ってくるレオ、川の中だというのに走るの速いな!?

セラたちもだけど、石ころとか踏んで転んだりしちゃわないかハラハラした。

 

「あの人(ザワールド)だけでも助けたい」とセラたちに訴える大和。

16話で叔父さんも含めデスガリアンにさらわれた人たちがいて、

前回、大和は「助けられなかった人がいたんだ」と悔やんでいるようだったから

せめて1人でも助けたいんだよね。

でもザワールドの素顔を見ていないセラたちからは賛同を得ることはできず、

結果、ザワールドとの再度の対決で大和は一人無茶して大怪我を。。。

 

アム「ラリーさんの心の傷を癒したのは、大和くんの一途な熱意だったなあって。」

セラ「そういえばタスクをここに連れてきたのも。」

タスク「それを言うなら君たちも同じじゃないか!?」

 

2話の真理夫さんの言葉を思い出すなあ。

「昔から放っておけないんだよなあ。大和は。犬でも猫でも人間でも。」

あの時はタスク以外が言葉で聞いてただけだったけど、

実際に今まで大和がどう行動してきたかを4人は見てきたんだよね。

 

「あいつが救えるかどうかは僕たちにはわからない。君が信じるなら、僕たちも信じる」

タスクの言葉に思わず(´;ω;`)ブワッ

タスクたちが大和に全幅の信頼を寄せてて・゚・(つД`)・゚・

 

ロボ戦で苦戦して「この・・・!」て大和が言ったら

クマさんが急にパンダさんになったんですけどー!?

根性みせてくれたとかレオ言ってるけど、こんなの有り?(笑)

 

再びザワールドと一人で対決する大和。

 

大和「やめろ!君はこんな戦い望んでないだろ!?」

ザワールド「望んでるさ!それがジニス様の望みだからな!」

大和「ジニスの望みなんて君には関係ないだろ!」

ザワールド「ジニス様は俺の理解者だ。俺の全てをわかっている!」

 

大和「やっぱりジニスはわかってないよ。」

ザワールド「何!?」

大和「だって君にこんなひどいことさせてる。」

 

大和「俺たちは君が誰なのか、本当はどんな奴か全然知らない!

   でもこれだけはわかる!

   本当の君は俺たちと戦いたいなんて思ってない。

   それだけは絶対に信じられる!」

 

ジニス『君はただ私を信じていればいい。君のことは全てわかっている。』

 

全てをわかっていると言いながら戦いたくない自分を戦わせるジニス。

自分のことを知らないけれど、本当は戦いたくないという

自身の本来の気持ちを信じてくれている大和たち。

大和の言葉の方がザワールドに届いて、正気を取り戻すことができた。

 

たった一瞬のあの表情だけで、、、命がけでザワールドを救うその熱意。

大和の魅力が全面に出ていた回でしたね。

 

最後、ネコ科の二人であるレオとアムが、

大和にじゃれつくとこ可愛くて癒された♡

 

しっかしザワールドさんの上半身裸、ガリガリ・・・

でも筋肉はしっかりついてる・・・

けど細い!もっとお肉つけて!て思わず言いたくなります。

 

次回予告での「繋がった」発言をきいて思ったこと。

大和は両親とは不仲?ぽいんだよね。

繋がりを大事にする大和だけど、

血のつながった(義理の可能性もあるけど)両親との繋がりが絶たれているとは

なかなか皮肉な・・・。

16:15 16/02/14〜動物戦隊ジュウオウジャー comments(0)
舞台「曇天に笑う」
JUGEMテーマ:舞台鑑賞

舞台は2、3月に行われましたが、
今更ながら超簡単な感想をば。

初日の2公演と千秋楽を見に行きました。

原作は佐野岳くんが舞台に出演すると決まってから単行本を買って読みました。
空丸好きだな〜佐野岳くんにぴったりな役だな〜と思って
観劇当日を楽しみしていましたが、本当に!ぴったり!!でした!!!

岳くんのアクションもたくさんあって、
舞台の前にあったトレカイベントで握手した時に
あの衣装動きづらそうですねってな感じできいたら、
動きづらい〜!てなこともおっしゃってて、
でもそれを全く感じさせない動きでした。かっこいい!

天火役の玉城さんは初めて拝見したんですけど、
とても熱演されていて、これは…ハマったらやばいな、と(笑)
(ハマったら舞台見に行きたくなる→舞台は基本東京でしか…→地方民だから交通費…)
演技もアクションも、どれも素敵でした!

宙太郎役の百瀬朔くんも役にぴったり!好演されてました。
宙太郎すっごく可愛かったです!

彼らの演じる三兄弟大好きです♡

ニチアサ好きの私には、小澤亮太くんと細貝圭さんのゴーカイジャー組と
佐野岳くん、百瀬朔くんの鎧武組の共演ということでテンションあがった舞台でした!
だからこそ初日も千秋楽も見に行きたい!となったのですが(笑)

来月にはDVDが発売されます。
また曇天三兄弟たちを見られるのが楽しみ!
20:26 舞台 comments(0)
Air studioプロデュース公演  『DARKNESS GATE -ダークネスゲート-』
JUGEMテーマ:舞台鑑賞

佐野岳くん目当てで1/11(日)の3公演見てきました。
11日はA→B→Aという順番だったのですが、
栗原くんの体調不良で3公演ともB班に。
アクアスタジオは初めてだったんですが、
狭い!客席から舞台が近すぎるー!!
最前列センターの席が取れていたので、
目の前に役者さんが来ることがありましてですね、
いやもうヒエエエ;;ってなってしまって
初回は舞台に半分ぐらい集中できなかった!(笑)

では簡単にB班の感想?あらすじ?を。

ナオ(主人公):柳ゆり菜
精神科医:鈴木勝大
ケイスケ(ナオの彼氏):佐野岳
ユウナ(ナオの妹):岡本夏美
サアヤ(ナオの友達):伊藤梨沙子
刑事:菅裕輔

とりあえず配役はこんな感じだったかと。(敬称略)
台本買わなかったので、名前が違ってる可能性もあります。

内容は思っていたより暗く…
そして柳ゆり菜ちゃんの熱演で泣きました!!!
前半と後半で主人公が豹変(?)するんですが、
これまたすごくて…彼女の演技にひきこまれました。
失読症という病気を抱えるナオの心をひらこうとする精神科医。
というシーンから始まるわけですが、
どうやらナオは友達であるサアヤを殺したようで、
その取り調べで刑事もやってきます。
そこからその殺人の動機は…と振り返っていくわけですが…。

実はサアヤは実際にいる人物ではなく、ナオの頭の中にいる存在。多重人格?
つまりナオは誰も殺していなかった、という答えが最後にわかります。

そして前述の通り前半と後半で主人公が別人のようになり、
他の人物もまた印象が全く異なります。話している内容は同じ。
つまり前半はナオにはまわりの人物がこう見えていたけど、
実はこんな人たちだったというのが後半でわかるつくりになってました。
前半ではナオの言葉にイライラして時には声を荒らげていたケイスケが
後半ではナオの言葉に微笑み優しく応える優しい包容力のある人物になっていて、
前半では姉想いのユウナが、後半ではそれと正反対に。

高校を除籍されてしまったナオの叫び。
高校一緒にやめて私を助けてよ、と。
前半はサアヤに向かって言うけれど、後半はナオの一人。
ここでの柳ゆり菜ちゃんの演技に私は泣けました…。

全てを思い出したナオの前にケイスケが来て全て受け止めてくれるんですけど、
結局ナオは壊れてしまって…ケイスケの最後の叫びがさらにつらかった。。。

久々に考えさせられる作品を見たな〜という感じです。
といっても特撮以外滅多にドラマ見ないのであれですが。笑。
23:48 舞台 comments(0)
最近は・・・
仮面ライダー鎧武にハマってます。
ファイナル大阪・東京ほぼ全通する勢いで。

ブログ書くの2年半ぶり…。
ゴーカイの最終回も書かずに(下書きに途中まで書いたのが残ってる)
いきなり鎧武の話です。

特撮好きは変わらず、鎧武の前はキョウリュウジャーにハマり
今は鎧武にハマり、、、中の人にもハマっております。

あと1話で最終回…(´;ω;`)
終わって欲しくない。。。

またきます。
 
00:29 13/10/06〜仮面ライダー鎧武 comments(0)
海賊戦隊ゴーカイジャー 第50話 「決戦の日」
JUGEMテーマ:海賊戦隊ゴーカイジャー

2月12日放送分。
やっと追いついたー!そして次回は最終回!(´;ω;`)ブワッ

今回は本っ当に!!!
1話から見ておいて良かったと思える回でした!

ザンギャック大艦隊の前にゴーカイオーと豪獣神、
各戦隊の大いなる力を使って迎え撃つゴーカイジャー。
まさかここでまたゴレンゴーカイオーが見られるとは
思ってもみなかったので感動!
けれどさすが大艦隊だけあって数が多く、
ゴーカイジャーが圧倒的に不利。
とうとうガレオンが大破してしまう。。。

ガレオンから投げ出され、
バラバラになってしまったマーベラスたちは
再び今まで出会った地球人や
レジェンドに関わった人達に出会う。

ルカとアイムは、ゴーゴーファイブ回で出会った母子と再会。

ルカ
「えらいぞ。よくママや妹を守ろうとしたね。」


アイム
「怖くはなかったの?」


ミク
「怖かったけど…。
ゴーピンクのお姉ちゃんも怖かったって言ってたから。」

「マツリさんが?」

「スーパー戦隊の人にも怖い時があって、
でも守りたいものがあるから、勇気を出して戦ったんだって。
だから…。」

ジョーとハカセは、天地博士とマジレンジャーの山崎さんと。

天地博士
「大丈夫ですよ!
あきらめない気持ちがあれば、必ず何とかなります。
弱気はNGですよ。
スーパー戦隊もそうやって、ピンチを乗り越えて来たんです!」

山崎さん
「大人になっても覚えていて。
みんな、勇気という名の魔法が使えるの。
それがきっと未来を照らしてくれる。
私もスーパー戦隊にそう教えてもらったの。」

マーベラスは2話の少年と。

マーベラス
「強くなったなぁ、お前。」


少年
「全然だよ。
でも、気がついたんだ。
スーパー戦隊になれなくても戦える。
これが俺なりの守り方なんだ。」

「なるほど。」

「お前こそ見つけたのか?この星の価値。」

「ああ、でかいモン見つけた。
お前の言ってた通り、どこにでもあった。
ここにもな。(少年の胸を叩く)」


「何だよ、それ。」

「さぁな。無茶して死ぬんじゃねぇぞ。」

みんながみんな、スーパー戦隊の心を支えに生きている。
この星の価値は、その心にあったんですね。
そしてそれは、スーパー戦隊そのものといえるのかも。
だからこそ、ザンギャックを倒すためとはいえ
宇宙最大のお宝を使うわけにはいかない。
彼らが今まで地球を守ってきた証を、その心を、
失くさせるわけにはいかないから。

でも、鎧は…


「使いましょう。
それが、スーパー戦隊の方達の思いでもあるんですから。」


鎧はジュンレンジャーのゴウシから全てを託されていた。

「だから、皆さん。
これを使って、ザンギャックのいない、平和な宇宙をつくりましょう。
それが、全てのスーパー戦隊の願いなんです。」


マーベラス「いや、使う気はねぇな。」

ジョー「俺の決断も同じだ。」

ルカ「あたしも。」

ハカセ「僕も。」

アイム「私もです。」

「そんな、だって!他に方法は…!」

「あるさ。俺達の手で、ザンギャックをぶっ潰すに決まってんだろ。」

「私達は知りました。
スーパー戦隊の方々の熱い思いと、戦いの歴史。
それが、この星の人々を強くしたんです。」

「だからこんな状況でも、みんな希望を捨てずに
力を合わせて、最後まで戦おうとしてるんだ。」


「あたしたちがその支えを消すなんて、できるわけないじゃない。」

「この星には、スーパー戦隊が必要だ。」

「でも、みなさんの夢は!」

「あの時は、過去が変われば良いって思ったけど、
あたし達、その過去を受け入れて生きてきたんだよね。」


「どんなにつらい過去でも
それを否定してしまえば、
今の自分を否定することになる。」


「過去を変えれば、平和な未来が約束される。
だがな、決められた未来なんかつまらねぇじゃねぇか。」


「鎧。あとはお前が、どうするかだ。」

鎧の答えは…

「俺は…俺は…!すみません、スーパー戦隊の皆さん!
俺は6番目の海賊、ゴーカイシルバーです!
夢はこの手で、掴み取る!」


宇宙最大のお宝の力を頼ることなく
自分たちでザンギャックを倒すことを決意した。


ダイランドー
「あーらっらっら、宇宙海賊ども!
まだくたばりそこなっていたとは、とっとと消えちゃいな!」

「うっさい、バーカ!」

「フッ、消えるのはお前達だ。」

「あなた達の言うことなど、聞く耳はありません!」

「僕たちも、この星の人たちも、お前らみたいなの大っ嫌いだ!」

「ユーたち正気!?昨日の大艦隊見たでしょ。
滅びるのが目に見えてるこの星で、海賊ごときが何しても無駄だだだ!」

「無駄なものか!それに、俺達はただの海賊じゃない!」

「この星に、守る価値を見つけたからな。」

「戯言はそこまで!どうせユーたちは死ぬだけちょい!」

「死ぬ気はねぇなぁ。
だがな、命をかけてこの星を守る!
それが、スーパー戦隊ってもんだろ!!!」


か、かっこいいいいいいいいいいいいいいいいいいい。+゚(゚´Д`゚)゚+。

今までつらい過去を乗り越えてきたからこそ、今の自分達がある。
それは立場は違えど、地球人も同じ。
スーパー戦隊が地球を守ってきたからこそ、今の地球人、彼らがいる。

鎧以外、地球を守る義理のない彼らが
地球にやってきて、レジェンドたちや地球人と知り合って、
スーパー戦隊の心を知ってくれて、
自らそのスーパー戦隊となり、地球を守ろうとしてくれている。
1話と同じセリフだけど心は前とは違うんですよね。
この1年…彼らを見てきて良かった。・+゜(つД`)゜+・。

OPをバックに戦う彼らのかっこいいこと…!

「な、なんなの、この強さ!」

「見たか!これが海賊戦隊だ!一気に決めるぞ!」


次回、どうやらあの船が出てくるみたいですね。
そして、顔出しの名乗りですか!?
そしてそして海賊たちはどうなるのか…
解散ってこともあり得るようなんですよね。。。
最終回早く見たいけど…終わって欲しくないです(;ω;)
02:51 11/02/13〜海賊戦隊ゴーカイジャー comments(0)
海賊戦隊ゴーカイジャー 第49話 「宇宙最大の宝」
JUGEMテーマ:海賊戦隊ゴーカイジャー

2月5日放送分です。

バスコに奪われていた5戦隊から認められ、
34戦隊全ての大いなる力を手に入れたマーベラスたち。

ナビィを扉にして、その扉の先で宇宙最大のお宝ゲット!

果たしてそのお宝とは?

それは、「自分の好きなように全宇宙をつくりなおすことができる。」

この宇宙にザンギャックがいなかったことにすることもできて
ファミーユ星を元に戻すことも、ハカセの故郷の星も、
ルカの妹も生き返って、一緒に暖かい家で暮らすことも
シド先輩の命をよみがえらせることもできる。

ただし、この宝を使ってしまうと
34戦隊の大いなる力を使うことになるので
その力も存在そのものが消えてしまう。。。

マーベラスたちはどうするのか。…やっぱり使わないですよねー。

悩んでいる間にインサーンから攻撃が。
てっきりザンギャックを倒しても
インサーンは生き残ったりするのかと思ってましたが、
しっかり倒されましたね。
インサーン、声がエロすぎでした。

そしてインサーンを倒したマーベラス達の前に現れた
宇宙帝国ザンギャックの大艦隊。数が半端ない!!!
00:59 11/02/13〜海賊戦隊ゴーカイジャー comments(0)
海賊戦隊ゴーカイジャー 第48話 「宿命の対決」
JUGEMテーマ:海賊戦隊ゴーカイジャー

1月29日放送分です。

サリーが偶然落としたナイフのおかげでナビィがバスコに手から逃れ、
サリーが自分の体内に爆弾を入れることによって、爆発からマーベラスを守り、
さらにバスコからのサリーへの「お守り」がマーベラスを守った。

サリー(´;ω;`)

情けは人の為ならず・・・かな?
情けは人の為じゃなくて、いずれ巡り巡って自分に戻ってくる。
全てのきっかけはマーベラスがサリーを助けたことから。
バスコに勝てたのはマーベラス自身の優しさと強さがあったからこそだったのかな。
そう考えると今までゴーカイジャーを圧倒していたバスコに
マーベラス一人で勝てたのも納得ができる。
いや、一人じゃないですね。サリーの思いとジョーたち仲間もいたから。

マーベラスは欲しいものは全て手に入れてきた、仲間も夢も捨てずに。
一方バスコは自分の欲しいもののために色々なものを捨ててきた。
そしてバスコは皮肉にも自分が捨ててきた
マーベラスとサリーの存在によって倒されることになったんですよね。
全く違う道を歩んできた二人の対決、一騎打ちの末の決着、良かったです。

それと特筆すべきは赤き海賊団からのマーベラスの卒業(?)ですかね。

バスコ
「最後にいいこと教えてあげる。
マベちゃんが懐いてたアカレッド、実はこの星の奴だったんだよ。」


マーベラス
「なに。」


「俺達は宇宙最大のお宝をえさに
レンジャーキーの回収の手伝いをさせられてたんだ。
あの赤いおっさんは、俺達が命がけで集めたレンジャーキーを
この星の連中にタダでくれてやるつもりだったんだよ。
こんなチンケな星を守るためにね。

いいかい、マベちゃん。
俺が裏切ったんじゃない。
あのおっさんが、最初っから俺達を裏切ってたんだよ。」


「言いたいことはそれだけか?

今の俺は赤き海賊団じゃない。
この星に宇宙最大のお宝があり、
それを手に入れるためのものが揃ってる。それだけで十分だ。
俺達ゴーカイジャーの夢を邪魔するもんは誰であろうとぶっ潰す!
てめぇだろうが、ザンギャックだろうが、アカレッドだろうがなぁ!」


「ふぅん、言うようになったじゃん。何か嬉しくなってきたよ。
じゃあ決着つけようか、マベちゃん。いや、マーベラス。」


アカレッドのことをとても尊敬していたであろうマーベラスの口から
アカレッドさえも敵に回してもかまわないという言葉が出るとは
思いもよりませんでした。

結局、バスコが赤き海賊団を裏切ったのは、
本当に自分だけで宇宙最大のお宝を手に入れたかったのか
アカレッドの真の思い(レンジャーキーを地球人に渡す)ってことを知って
裏切られたことへの反抗だったのか…。
わがままをいうならばバスコの心情が知りたかったですが…。

でも良い悪役だったなぁ、バスコ。もう見れなくなるも寂しいです。。。
00:29 11/02/13〜海賊戦隊ゴーカイジャー comments(0)
海賊戦隊ゴーカイジャー 第47話 「裏切りの果て」
JUGEMテーマ:海賊戦隊ゴーカイジャー

1月22日放送分です。

サリー・・・サリイイイイイイイイ!。゚(゚´Д`゚)゚。な、回でした。。。

さて、順を追っていきます。。。

バスコが持つ大いなる力を手に入れるためにどうすれば良いか?
アイムがバスコに「電話してみたらどうでしょう?」と提案するのですが…。
アイムって見かけによらず大胆なんだよね。

それを聞いたマーベラスは即バスコに電話。
勢いでかけたもののどうするか決めてなかったもんだから
「(決着を)明日にするか?」って仲間に相談w
決めてからかければ良かろうにw
というかワンコールで出るバスコ…。

バスコは既にゴーカイガレオンの居場所を突き止めていて
序盤からいきなりロボ戦!前後編だと後半はロボ戦ないしね!

ロボ戦でロイドたちを倒したマーベラス達は、
バスコがサリーが撃つのを目撃。
マーベラスはそれを見て赤き海賊団時代に
バスコに裏切られ右腕を撃たれた過去を思い出す…。

マーベラス「ガレオンに連れて行って、手当てしてやれ。」
アイム「良いのですか?」

すかさずサリーに駆け寄るハカセ、アイム、鎧。

ルカ「ちょっと!」
ジョー「マーベラス!」
マーベラス「手当てするだけだ。」

いつもは何も言わず意思疎通ができる信号機トリオですが、
珍しくマーベラスの意見に異を唱えましたね。

ガレオンでハカセがサリーの世話を焼く姿を見て
バスコに手当てされたことを思い出すマーベラス。

バスコ
「ったくマベちゃんさあ、弱いんだから
カッコつけてアカレッドの真似してると死んじゃうよ〜?」

マーベラス
「うるせえ!自分だって大して強くねぇくせに!」


「まぁね。でも俺がメシつくんないと、みんな飢え死にしちゃうよ。
せっかく仲間なんだからさ、自分のできることをやればいいじゃないの。」


「仲間か…。わかってるよ。」


「ならいいけど。
どうする?メシ食べさせてあげようか?
フーフーして^^」


「そんぐらい自分でできる!」


若マーベラスかわえええええ!(*´Д`*)
「仲間か」ってつぶやいた後のマーベラスの表情が、照れくさそうで…。
ずっと一人で海賊やってただろうマーベラスにとって
おそらく初めての仲間であるアカレッドとバスコの存在は
かなり大きかったんだろうなぁ。
でもそんなバスコに裏切られてしまったわけで…
って考えるとバスコに対して怒りが沸々と…!!!

バスコの言葉「自分のできることを〜」って
ハカセを仲間にした時にマーベラスが言ってましたよね。
マーベラスの根っこは赤き海賊団で培ったものなんだろうな…。
そしてジョーたちを仲間にして、仲間を大切にしてきたのは
裏切られた過去があったから、仲間に同じ思いをさせたくなかったから、か…。

で、ジョーですよ。気遣いができる男、ジョー。
一人見張り台に上がるマーベラスにコートを渡して声をかけます。

ジョー
「どういうつもりなのか…、きかせてもらおうか。」


マーベラス
「…。」


「罠に決まってるだろ!」

「だろうな。」

「だったら何で!?」

「わっかんね。」

「はあ・・・?」

「あの猿がバスコに裏切られたのが芝居だとしても
あの猿はどうせこれからバスコに裏切られるんだろうなって。
心配すんな。別に仲間に入れようってわけじゃない。
ケガが治ればすぐに放り出すさ。」


「本当か。」

「…。」

「うちの船長は、信じられないお人よしだからな。
元ザンギャックに女盗賊、
ろくに戦えそうもない技術者にお姫様、通りすがりの地球人。
一度裏切られた男が、よくここまで集めたものだ。」


「ジョー。」

「好きにしろ。(ポンっとマーベラスの肩をたたく)」

マーベラスとジョーの会話良いなぁ。
いつもなら悩まず自分の信じた道を行くマーベラス。
過去に裏切られた自分を思い出し、
サリーには同じ思いをさせたくないと思っている。
けどその思いのままサリーを保護することが正しいのか…。
悩んでいるマーベラスの背中をそっと押してくれるジョー。
そしてそのジョーから受け取ったいつものコートをはおって
嬉しそうに笑うマーベラス…あああああ><燃える><

ジョーもルカもマーベラスがお人よしだってことがちゃんとわかってるから
サリーを信じて裏切られたときにマーベラスが傷つくんじゃないか心配なんだよね。
一人見張り台に上がってくマーベラスに気づくのはジョーとルカで…。
本当に3人の関係が好みすぎる!!!

サリーはサリーでバスコの命令とアイムたちの言葉で思い悩んでいた。

バスコ
「奴らの船に入って宝箱を盗んで来い。バナナだって食べ放題だ。」


アイム
「どんな理由があったにしても、自分の仲間をここまで傷つけるなんて。」


バスコ
「じゃあ、頼んだよ。サリー。」


悩みに悩んで、宝箱を盗み出し、バスコの元へ行くけども
サリーをつけてきたマーベラスたちとバスコの間で再び悩むサリー…。
まさかサリーの葛藤の場面があるとは…。

結局、サリーが選んだのはマーベラス。
マーベラスの後ろに隠れるサリーがかわいい。。
けどバスコがサリーにつけさせていたお守り(爆弾)を爆発させたもんだから
マーベラスとサリーがああああああああ。。。
バスコまじ外道。

爆発後のサリーの姿が見えないのはそういうわけで…。
マーベラスがあの至近距離で死ななかったのは
サリーがかばったってことがみてとれるわけで…。

マーベラスを傷つけられて怒る5人がすごかった…。
ジョーなんてゴーカイサーベルとゴーカイガンぶん投げてますからね。
鎧も普段敬語なのに、すごい低い声で怒っててまるで別人だった。

5人は怒りのままバスコに挑むも、バスコに強さに5人はかなわず。。。
ゴーカイガレオンを乗っ取られてしまいました。。。
00:10 11/02/13〜海賊戦隊ゴーカイジャー comments(0)
海賊戦隊ゴーカイジャー 第46話 「ヒーロー合格」
JUGEMテーマ:海賊戦隊ゴーカイジャー

1月15日放送分です。
最終回前までに感想おいつきたい(`・ω・´)

ゴーカイガレオンでマーベラスたちを監視中のニンジャマン。
一体どれぐらいの期間ガレオンにいるんだろう…。
あんなふうにじーっと見られてたら誰でも嫌になるわw

ニンジャマン「今度は騙されないように、簡単には信じないからな!」
ニンジャマンは、今まで騙されまくってたんですかね?

生活態度が悪いから鍛えなおしてやる!ってことで
外に出るもその肝心な生活態度が悪いマーベラス・ジョー・ルカは不参加w
参加するわけないよね、うん。

ハカセvsアイムvs鎧。ハカセってアイムより強い?

ザンギャックが現れ、マーベラスたちも加勢に。

ニンジャマン「遅いぞ!お前達!」
マーベラス「へいへい、悪かったよ。」
ちょwやる気ないw

でもそんなやる気なさげでも背後からの気配感じて
敵の攻撃を弾くゴーカイレッド超かっこいい(´∀`*)

ザンギャックの攻撃を受けた人達は性格が豹変。
カップルで女性が男性をビンタしたとこは唐突過ぎて笑ったw
攻撃を受けてしまっていたハカセと鎧も不良になっちゃって…。
本気で切れてて怖いんですが…。

ハカセ「ウザヲタ野郎が!」
鎧「モジャモジャ激ダサへたれが!」

二人ともお互いへの悪口がひどいwww
とばっちりでハカセと鎧にケンカ売られたルカの「あ”ー!?」も怖いw
でもハカセの口悪さに驚いてるマーベラスの表情はかわいい(´¬`)

アイムはハカセと鎧を追いかけ、
マーベラス、ジョー、ルカはハカセと鎧の豹変ぶりに
ザンギャックの攻撃のせいだと気がつき、ザンギャックの元へ。
最初からザンギャックの攻撃を怪しんでたマーベラスまじマーベラス。

アイム
「ハカセさんは誰よりも優しい方です!
鎧さんは、誰よりも人の幸せを考える方です!
きっと何か、理由があるはず。
私は信じています!お二人が、自分の心を取り戻すことを!」


アイムの決死の説得で、攻撃の手を止めるハカセと鎧。
アイムの膝に倒れこむ二人を見て
真っ先にボス(デカレンジャー)のことが頭に浮かんだw
(ボスはアイム好き)

マーベラス、ジョー、ルカのところにハカセたちも加勢。

ニンジャマン
「すまなかった!
お前達は仲間を信じていたんだよな!
なのに俺ときたら、冷たいなんて!」


ニンジャマンに肩を抱かれるマーベラスとジョーの表情がw

鎧「人の心ってのは、悪意だけでできてるわけじゃないんだよ!」
ハカセ「良い心と悪い心、最後にどっちが勝つかは自分次第だ!」
アイム「あなたを倒して人々を苦しみから解放します!」

カクレンジャーにゴーカイチェンジ!
OPは軽快でPOPな感じなんですね〜♪

大いなる力はなんとニンジャマン!
ニンジャマン自身も知らないってどうゆうこと?w

とりあえず、バスコに奪われた5戦隊以外の
全戦隊の大いなる力を手に入れたマーベラスたち。
次はバスコとの対決です!
23:38 11/02/13〜海賊戦隊ゴーカイジャー comments(0)
1/33PAGES >>